農家体験型民宿 「菜の花ばたけ」にようこそ

 菜の花は1本では美しくはありませんが、沢山よればすばらしい花園に成ります。そんな社会を作りたい、私たち夫婦の願いです。

 山々に囲まれ、家の前の小川では魚が遊んでいます、時には1メートル級のオオサンショウウオが発見できるかも?青いブッポウソウ、赤いアカショウビン、カワセミ、ヤマセミなどなど絶滅危惧種もいっぱい! 

 ど田舎で自然にどっぷり浸かり、ゆっくりとすごしませんか。生きる基本を感じて頂きたいと思います。

 

三次市作木町森山西845
三次市作木町森山西845

看板に偽りあり!

 ということで残念ながら、「縁側からブッポウソウが見える家」のうたい文句を下ろさなければいけなくなりました。残念ながら「蛇」にやられました、とっても残念です。でもご安心ください、たくさん見ていただけるようご案内します、ご期待ください。(30年7月2日)

私たち夫婦がお待ちしています。

30年も三次市のクーポン券(1000円分)がご利用できます。

30年5月

 ブッポウソウもいっぱい飛来しました、サンコウチョウも鳴き始めました。6月20~7月10日ごろまでが観察最適です、雨が降っても縁側で観察できます。(観察にはマナーを守りましょう、菜の花ばたけは保護活動を実践しています)

ヤイロチョウ、大変珍しい鳥とされていますが、あちこちで鳴き声を聞くことができるのはなぜだ?(図鑑からお借りしています)

私も待ってます


こんなこともできるようになりました

 

ツリーイング

スノーシュー

いろいろ取り上げてもらってます。作木のブッポウソウのカテゴリーができた「ダーウインが来た」など。

 

 

写真は28年アンガールズさん

サンコウチョウ

ツキヒホシ ホイホイホイ

 

 

アカショウビン

 キロロロロ、キロロロロ

にぎやかに鳴いています。

蛍を見ながらゆっくりとしたい
蛍を見ながらゆっくりとしたい

「すわ!宇宙人」ブッポウソウです。

顔より大きい口で大きなオニヤンマなど丸呑みします。

親鳥はせっせと餌の昆虫を運んできます。この様子は7月末まで見ることができます、その後は大空にたくさん飛び交い、8月いっぱいで南アジアに向けて旅たちます。

t.kiyosi

ブッポウソウは5月に東南アジアから作木に子育てに飛来します。絶滅危惧種ⅠBでコウノトリにつぐ貴重な鳥ですが作木は生息数日本1です。

ぽかぽか暖かく、こんなゆっくリズムはいかが?

雪あそび
雪あそび

冬は雪、炬燵や囲炉裏をかこんで地酒などいかが?


囲炉裏が活躍します、部屋全体が暖かくなります。

足を崩して、お酒を一杯~

うめーなー

囲炉裏登場
囲炉裏登場

絶滅危惧種「ブッポウソウ」は生息数日本一

保護活動をしています。

 

ブッポウソウガイドについて

六地蔵(六道において衆生の苦患を救うという6種の地蔵)